南魚沼ってどこにあるの?

DSC01116_1

東京からいちばん近い新潟、それが「南魚沼」です!

上越新幹線で約1時間10分、各駅停車でも1時間30分で着く、南魚沼の玄関口、越後湯沢駅。周辺には多くのスキー場があることでも知られています。そこから車で5〜6分も走ると、魚沼地域の中心ともいえる「新潟県南魚沼市」に入ります。

スキーやスノーボードが好きな方なら「石打丸山」や「舞子」のあるところ、といえばわかりやすいでしょうか。石打周辺から魚野川に沿って北側に約35㎞圏内、魚野川右岸は標高2000メートルの山々、左岸は500〜1000メートルの山々に挟まれた自然景観の素晴らしい地域、それが南魚沼市です。

市内の北側には上越新幹線浦佐駅があって、新幹線の駅を2つ使えるのも特徴。日本全国、景観の素晴らしい地域はたくさんあっても、新幹線の駅が2つ使えるところはそうはありません。

さらに市内中央部には関越自動車道が縦貫。塩沢石打インター、六日町インター、大和スマートインターと3つのインターがあります。市内のどこに住んでいても、ほぼ10分から15分でインターに着くのが特徴。練馬インターから塩沢石打インターの距離は175キロ。中央自動車道でいえば諏訪インターとほぼ同じ距離。上信越道だと上田菅平、東北道だと白河インターと同距離です。と聞くと「えっ? ずいぶん近いんだな」と感じる方も多いはず。

そう。実は新潟・南魚沼は「東京からいちばん近い新潟」であり、「移住者に人気の長野や那須高原と比べても引けをとらないアクセス」なのです。

市内には関越道と並行して国道17号と291号という2本の国道が走っているのも特徴で、沿線にはスーパーマーケットやホームセンター、コンビニエンスストアなどがあり、生活に必要なものは何でも揃います。浦佐駅の近くには最新の検査機器が揃った「南魚沼基幹病院」があって、なにかあったときにも安心。生活に車は必需品ですが、それほど多くの距離を毎日走る、ということもありません。

ちなみに南魚沼市から新潟市街は意外に遠くて、市内北側の大和スマートインターから新潟中央インターまで約103キロ。大きな買い物やたまの贅沢は「新幹線でわずか1時間30分の東京へ」というのも南魚沼ならではのスタイルです。

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top