Interview
通訳・マクレラン牧子さん

一年中、ほぼ自分が育てた野菜を食べられるのが素晴らしい!
_MGS5223

最近、聞いた話では中高年の高学歴の女性はなかなか田舎に引っ越したがらないそうですけれども、個人的には、40歳、50歳から特に欲しい物が自然、人、場所などに移ってきまし。ゆえに、東京ではなくてもいいと思いました。

いま、畑で野菜を作っています。春から秋まで自分で育てた野菜が採れるでしょ? 冬は、近所のおばあちゃんたちに保存方法を教わって保存しておいた大根、じゃがいもや、乾物にしたものを使ったりします。自分の野菜を結構そこそこ一年間食べられるんです。それが、素晴らしい!「これみんな私が作った野菜よ!」って(笑)。

手のかかるものは作らないんですけれどね。まったく殺虫剤を使いませんので葉物で虫が付きやすいキャベツや白菜、ブロッコリなんかは作りません。以前、芽キャベツを作ったら一日で坊主になったこともあるんです(笑)。

キュウリは10本くらい植えます。収穫しきれないくらい多く成ります。でも、大きくなったらなったで別の調理方法があるし、できすぎちゃってもいいわ、と思って作っています。収穫したキュウリは保存して一年中使ってますよ。スライスしてちょっと塩もみして1回分ずつの固まりにし、冷凍しておいたりね。それをサラダに加えたり。

本当に畑がとても楽しいんです。昔は草取りは嫌いだったんですけれど。必要な時に採ってすぐ食べられるから「今晩はこれ使って料理しましょ」とか、外でバーベキューしてても「ちょっとあれ採ってきて」とかができて、とても楽しいですね。東京でバーベキューって言ったら隣の家にお断りしてからじゃないとできないですよね。ましてマンションだったりしたらなかなかできないですよね。でも、ここならいつでもできますから。

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top