Interview「音楽家」
橘 光一さん

人生の音色が風景とミックスする場所。
音楽の響き方も都会とは違う。

tachibana


音楽家 橘 光一さん
2011年にIターン移住
東京→南魚沼
前職/音楽家として世界各地で活躍
(プロフィール)
橘光一(たちばなこういち)。電子オルガンによるオペラやミュージカルの伴奏を中心に、様々なアーティストのバックバンドとしても活躍。洗足学園音楽大学・大学院講師を経て南魚沼市民に。南魚沼でも活動の場が拡がっている。


 

南魚沼に引っ越してきて4年、オペラやミュージカルの伴奏をはじめ、大きなステージで活躍する音楽家の橘光一さん。今なお、週末の多くは仕事で東京へ。通うほどアクセスの良さ実感し、南魚沼の暮らしやすさを感じているそうです。

 

転校ばかりだった子供時代。住む所はどこでも大丈夫になった

うちは父が国家公務員で転勤族でした。当然、その子供ですから転校はしょっちゅう。四国を転々とし、愛知、金沢と小・中時代だけでも7校くらい変わりました。
おかげで(笑)、住む土地が変わることに対して、何の抵抗もない人間に育ちました。

高校を卒業して音大に入り、そこから東京暮らしが始まりました。南魚沼に来たのは2011年の大晦日でした。付き合っていた人が南魚沼で、いつか家業を継ぐ前提で外に出ていた人だったので、結婚の条件のひとつとして南魚沼への移住がついてきました。なので南魚沼に惹かれてというより、流れでそうなったという感じなのですが、今はすっかりここでの暮らしに魅了されています。

DMA-_MGS5407

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top