Interview「音楽家」
橘 光一さん

DMA-_M5B0752

今は、ただこの町でじっくりたっぷり生きてみたい

そんなこんなで、人の縁にも恵まれながら環境よし、食よし、遊びよしの日常で移住生活を満喫中ですが、結婚がなければ、たぶん来ていなかった町。でも、来てみて自分でも不思議なくらい「なんか」心地よくて、人生の音色がぐっと豊かになりました。今はこの「なんか」を大切にしたいと心から思っています。今までやってこないことを体験していくなかで、新たな気づきや感じることも多いですし、音楽を通じて地域に貢献していきたいと切に思います。

目下、。目下、大きなイベントとして企画しているのは「さとうきび畑コンサート 南魚沼」の開催。「さとうきび畑の唄」は森山良子さんが歌っている「ざわわ、ざわわ〜」で始まる言わずと知れた名曲。作詞作曲を手掛けた寺島尚彦さんは僕の師匠なんです。平和をテーマに一緒にコンサートをやってきた音楽家たちと、南魚沼でも秋に実現できるかなと思っているところです。


ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top