巻機権現の火渡り勤行が行われました

IMG_9201

日本百名山のひとつ巻機山(まきはたやま)は、南魚沼市と群馬県との境にあります。

その登山口でもある清水集落の巻機権現社では、昨夜、火渡り勤行「大火生三昧(だいかしょうざんまい)」が行われました。

IMG_9166

南魚沼は山岳信仰の山伏の神事が日本でもいちばん多く残っているのだそうで、火渡りはほかにも八海山などでも行われています。

山伏が問答を行ったり、場を清めたりという神事が行われますが、内容を解説しながら進めてくれるのが親切。

護摩を焚いて、その火が落ち着いた後の(とはいえ、まだ熾火が残っているところを)、無病息災、家内安全などを祈念しながら山伏が歩きます。

その後、一般の参加者も同じように歩いて渡れるのです。酒気を帯びていないこと、忌中でないこと、土足でないこと、という条件さえ満たしていれば飛び入り参加もできます。小学生くらいのお子さんも何人も参加。

IMG_9279

IMG_9282

夏の夜の厳かな勤行は無事に終了しました。

IMG_9322

ABOUT THE AUTHOR

編集者横尾 鮎美
神奈川県出身、武蔵野美術大学卒。2004年に東京から南魚沼市に移住。
趣味・食べること、仕事・食べること、と自負するほどの食いしん坊。
歴史 と文化を探求しながら、日々、南魚沼の美味しいものを探してうろうろしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top