大雪 の 覚悟

water自宅の近くに、水汲み場があって
料理、飲み物、体に入る水はここの湧き水を使っています。
近くには 「藤原神社」の雷電様の水が有名スポットもあって
神社や高い杉の木に囲まれて、マイナスイオンだとか
もちろん竜の口から出ていますけども

ここは「岡」と言って道路の脇にあっちにもこっちにも4箇所
湧き水が、フォ…ホースから出ています。
神々しい…というよりもこの辺りに暮らす人達が
日常で利用している感じで、わたし達も
雨の日も風の日も、雪の日も、ほぼ毎日
…週に5日くらい立ち寄っています。

冬は雪の中、だいぶ人の訪れがないと
もさもさ積もった雪をかき分けてからなので一苦労です。
ピカッっと晴れた日は 氷 が張っていてツルツル。

冬はなんでも時間がかかります。

へくさ虫が多いと大雪だとか
昨年は近年稀に見る小雪だったし
なんとなく今年は雪が多いのかなって
冬が来ることに覚悟をしていました。

12月半ばには雪が降って
スキー場も続々オープンして
畑も庭も雪の下に。
よっしゃー!冬やったるでーー!!って
(注:こんな方言じゃありません)
それがなんだか、あれよあれよという間に雪が解けて
雪もイルミネーションもない
あたり一面、茶色いクリスマスでした。
今年は、ブラウンクリスマス。
(はじめて聞いた)

雪が降らなくて困る人がいます。
雪が降って困る人もいます。
正直、わたしは雪がなくても大丈夫です。
「大雪」の覚悟はしますが
「雪国に雪が降らない」覚悟はしません。
降り過ぎるなら、降らな過ぎる方が助かります。

どっちでもいい、と言ったら怒られそうですが(誰に)
どっちになってもそれを楽んで生きていく。それだけです。

毎日の中に つまらないこと を探したら
きっと見つかると思います。
毎日の中に しあわせなこと を探したら
きっと見つかると思います。
どっちを探すかは自分で選べます。
lmu昨日の朝は久しぶりに除雪車の音で
朝早く目が覚めました。
寝坊せずにすみました。ありがたい。

ABOUT THE AUTHOR

南雲亜美
湯沢町生まれ。六日町高等学校卒業後、東京の服飾の学校に進学、卒業後はアパレルの仕事に。10年の東京生活を経て帰郷。2009年から六日町でNATURAL and ORGANICをコンセプトにしたカフェを営業。2012年に息子が生まれ、八海山のあしもと、大自然のなか家族と暮らしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top