車 の 窓 から

lmu長岡までお出かけの道中
綺麗に除雪されている道端の
山半分、雪壁半分のこの景色をぼーっと眺める
何分無心になっていたのか
運転手さんごめんなさい。

こんなに綺麗なものを目に浮かべて
心を空っぽにできる幸せなことったら。

小雪かー!?なんて言われていた28年度も
このところ雪が続き、続き、、続き、、、
かみさま〜
確かに雪国っぽくなりましたけど
結果オーライ感が否めないんですけどぉ〜

長岡も雪…というより霰が降っていて
(はい!霰、読めた方!?)
lmu_arareつぶつぶ発泡スチロールみたいで変な感じ。
こういう ぶつぶつ 小さい粒の集合体に気持ち悪さを感じつつ
じーっと見てしまうわたし。。。
(そんなわたしの癖は置いといて)
こんなに沢山積もった あられ を見たのが初めてで
思わず(地球に)何かあったのでは!?とググりました。

長岡に霰が一気に沢山降っても
南魚沼にクリスマスやお正月に雪がなくても
寒波が来て雪の日が続いても
大寒前にあっちこっちにぶら下がっているつららも
ニンゲンからすると、少し違和感があるのだけれど
地球からしたら、大したことないみたい。

急に雪かきしなきゃいけなくなってヘトヘトでも
消雪パイプが追いつかなくて水が出なくて困っても
地球からしたら へのかっぱ。

自分の小ささ、バンザイ!
どんなことも自分で思っているより大したことじゃない。

ABOUT THE AUTHOR

南雲亜美
湯沢町生まれ。六日町高等学校卒業後、東京の服飾の学校に進学、卒業後はアパレルの仕事に。10年の東京生活を経て帰郷。2009年から六日町でNATURAL and ORGANICをコンセプトにしたカフェを営業。2012年に息子が生まれ、八海山のあしもと、大自然のなか家族と暮らしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top