一の宮 いちのみや


良く晴れた3月12日
毎年この日は「一の宮(いちのみや)」と呼ばれる地元の鎮守様のお祭りです

春に例年通りに農作業を始められますようにとお参りします
境内で農機具や大豆や小豆、山菜といった作物を売っていました
竹細工のかごなどもありました

食べ物やおもちゃの屋台もあります
私たちはたい焼きを♪
小さな集落の通りにで行う小さなお祭りですが
子供たちもお年寄りも楽しそう!
綺麗な景色をみながら食べるたい焼き・・・美味しいー!!
遠くにお祭りのにぎわいを聞きながら食べたので、さらに美味しかったです

同じ時間に歩いていたおばあちゃんとお孫さん
ゆっくりな歩みに歩幅を合わせる背の高いお孫さんの
やさしさに、こころがほぐれました

久々に行けたお祭りで、素敵な時間を過ごせました
来年も晴れるといいな

ABOUT THE AUTHOR

小林 幹雄・聖子
南魚沼市で生まれ育ち、一旦は県外に就職し、Uターンして現在は市内で民宿を営んでいます。自家栽培の野菜・お米を使い、食事でも季節の移り変わりを楽しんでいただいています。雪国ならではの暮らしや楽しみ方を、どう発信していくか模索中の30代の二人です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top