越後上布 織り子
高村智美さん


子供がのびのびと楽しそうに育っているのがなによりです

南魚沼に住んでいて、いま、すごく不便だとか嫌だと思うことはないですね。田舎だからお店がないというのは多少はありますけど、買い物に行くなら東京もそんなに遠くないですし、軽井沢のアウトレットにも行きます。軽井沢まで2時間くらいなので、新潟市の実家に帰るのとそれほど変わらない時間で行けますから。

よく言われますけれど、雪道の運転もそんなに不安はなかったですね。こっちは主要な道路には消雪のための水も出ているし、除雪もしっかりしていて走りやすいですから。新潟の方がつるつるしてる時もあるくらいです。

ただ、最初にアパート暮らしをはじめた時は、車を止めておくと何時間もたたないうちに雪が溜まっていて、どこに行くにもまず雪かきをしないと車が動かせないし、しかも、そのかいた雪をどかさなと車が出られないというのは大変でした。でも子供は雪遊びも楽しそうですし、スキーも大好きみたいです。この環境は良いですよね。

新潟市の実家に帰ると、いつの間にか知らない店が出来ているくらい栄えていますけど、こういった自然の中で自由にのびのびとできる環境はありません。小学校も、実家のあたりだとすごいマンモスで何クラスもあるって聞いてます。それに比べればこちらの小学校は人数的にもちょうどいいかなと思います。保育園に預けるのもすごい大変みたいです。

雪国の生活は始めのうちは困ると思ったりこともありましたが、子供がのびのびと雪遊びとか楽しんでいる姿を見ると「ああ、ここはいいところだな」って心から思います。

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top