フキノトウ

ついに!!!
始まりました『フキノトウ』
雪解けとともに顔を出し始める『フキノトウ』
いよいよ今年も、我が家の周りの『フキノトウ』がポツポツと顔を出し始めました。
『フキノトウ』は、雪国に春の始まりを告げる食材の代表格。
一口食べた瞬間、脳が一気に春モードに覚醒!
そして認めるのです。。。。
「あぁ、今年も冬が終わってしまった・・・」と。
実は『フキノトウ』、3月下旬からチラホラ出てはいたのですが、まだまだ春を認めたくない自分は、そっと雪を被せて見なかったことにしておきました。
が、もう限界です。

認めましょう。。。春が来たと。。。。

さて、あと1か月!春のシャバシャバ雪を楽しみましょうか!!!
シャバシャバ雪は、それはそれで楽しく滑ることができるのです!!
シャバ雪の様子はまた後日^^

ABOUT THE AUTHOR

小林 幹雄・聖子
南魚沼市で生まれ育ち、一旦は県外に就職し、Uターンして現在は市内で民宿を営んでいます。自家栽培の野菜・お米を使い、食事でも季節の移り変わりを楽しんでいただいています。雪国ならではの暮らしや楽しみ方を、どう発信していくか模索中の30代の二人です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top