大前神社例大祭が行われました

毎年8月14日、15日は大前神社例大祭が行われます。
14日の宵祭りは「翁式三番」が奉納されました。翁式三番は平安時代の三番猿楽の古い形を残すものとして全国的にも珍しく、県の無形文化財に指定されています。
15日は御神輿渡御が行われました。朝9時の御祈祷から始まり、10時に神社を出発したのち、17時30分頃の宮入まで一日かけて町内を巡行します。
↑は出発時の写真、持ち手のお父さんたちの表情にまだ余裕があります(笑)
こちらは宮入の写真。まだまだお祭りを終わらせたくない人と、一日担いでヘトヘトの人とで、なかなかお宮には入りません。
大前神社の御神輿はあばれ神輿と呼ばれるほど、とてもよくあばれます。宮入の時には毎年多くの観客の方がいらっしゃいますが、あんまり御神輿に近づくと危ないのでお気を付けください。

この御神輿と共に大勢の村んしょが巡行します。旗持ちの小学生、子どもみこしの小学校高学年・中学生、囃子の笛は高校生などなど、大崎の子ども達は小さい頃からこのお祭りに参加しています。
私自身も小学生の頃から参加していて、今年も囃子の笛吹きで参加しました。笛を吹きながら一日歩くのでヘトヘトですが、子どもから大人までみんなで参加するこの一体感がたまらず、毎年参加してしまいます(笑)

大崎のみなさま、今年もお疲れ様でした!

飯酒盃詩織

ABOUT THE AUTHOR

大和観光協会 軍司貴子・飯酒盃詩織
生まれも育ちも地元の、大和観光協会スタッフです。南魚沼市の中でもこの大和エリアは、上越新幹線の駅があり、浦佐-東京間が約90分。首都圏からのアクセス最高です!彩り豊かなこの地をご紹介していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top