秋の景色

長袖を着ようか、半袖にしようか、迷う程度に涼しくなってきた大和です。秋ですね。
稲刈りが始まる中、この景色を見ておきたくて、今朝、浦佐の西山の展望台に行きました。

このあたりは季節が本当にハッキリしているなあと、変わり目の度に思います。
やっと雪が解けて野花や桜が咲いたら春。
見ごろになった桜の花びらを落とす勢いでやってくる梅雨。
梅雨が終わったと思ったら一気に暑くなる夏、雪国なのに。
涼しくなって田んぼが黄金色になってきたら秋。
雪が降ったら有無を言わさず冬。
季節の変化が駆け抜けるようにやってきます。屋根の雪下ろしをするお父さんも、ばあちゃんが取ってきた山菜を食べるのも、「今日は新米だよ~」も、子供の頃からそれが当たり前だった。

けれども大人になって、関東に住んでいた頃は、スーパーに並んでいる山菜が高くて驚いたり、雪が降らないから長靴なんていらないけど、雪がないのに冬なのね…とひねくれてみたり。
自分で望んで引っ越したけども、夏のお祭りに参加することもなく、お正月にお雑煮食べることもなく、季節はよくわからず。
田舎娘には寂しいところだったんですよね。でもそれを経験したおかげで、子供の頃から当たり前に過ごしてきたこの場所の季節の移り変わりが、なんとなく嬉しい。

なにが書きたいのかよくわからなくなってきましたが、とにかく私はここが好きなんだなあと、浦佐の西山からの景色を眺めながら、思いました。
この景色、実物は写真よりもっっっと綺麗ですよ!!

飯酒盃詩織

ABOUT THE AUTHOR

大和観光協会 軍司貴子・飯酒盃詩織
生まれも育ちも地元の、大和観光協会スタッフです。南魚沼市の中でもこの大和エリアは、上越新幹線の駅があり、浦佐-東京間が約90分。首都圏からのアクセス最高です!彩り豊かなこの地をご紹介していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top