発酵ワークショップ

昨日、『八海山×越路 発酵ワークショップ』開催しました!
我が家でこういうイベントは初めての試みで、中々刺激的な夜となりました♪
今回のテーマは『しょうゆ麹』
2時間編成で、最初の1時間は講座・ワークショップ、
残りの1時間で『しょうゆ麹』を使ったお料理、といった流れでした。
ワークショップは、

一般社団法人 日本発酵文化協会
上級認定講師
藤本 倫子 講師
にお越しいただき、お話と、実際に『しょうゆ麹』を作る作業を行っていただきました。
藤本さんは全国を回って発酵に関するセミナーを行う、発酵のスペシャリスト。
関東エリアでのワークショップはあっという間に満席という、売れっ子先生♪
八海山の東京営業所でも開催していますので、関東の方は是非チェックしてください!
藤本さんが我が家の食堂でワークショップを行っている間、僕は厨房でせっせこせっせこ料理を作り、盛り付け、てんやわんや。
今回は『しょうゆ麹』がテーマでしたので、料理ももちろん、ほぼ、『しょうゆ麹』しばり。
味が似たり寄ったりになりがちなので、そこに気を付けつつ、参加している皆さんが実際に家でも作れる・ヒントになることを考えて作りました!(一品は我が家ならではのお料理を作らせていただきました)
お陰様で、僕自身もまた少し、アレンジが増えました^^
初めての我が家でのイベントということと、お客さんが地元の方ということで、ちょっと張り切ってイロイロ作りすぎて、皆さんとゆっくり話せなかったのが悔やまれます。
が、地域の食材や、もともとこの地域に根差していた、発酵文化をまた改めて考えるいい機会になったと思います。
閉会後の帰り際、皆さんに『楽しかった・美味しかった』と声をかけていただき、この会の成功を肌で感じることが出来ました。
南魚沼市では、それぞれの得意分野を活かした小さなイベントが本当に多く開催されています。
最近ふと思う事。地域活性化ってよく言うけど、南魚沼市の人って活気があるよなー。

ABOUT THE AUTHOR

小林 幹雄・聖子
南魚沼市で生まれ育ち、一旦は県外に就職し、Uターンして現在は市内で民宿を営んでいます。自家栽培の野菜・お米を使い、食事でも季節の移り変わりを楽しんでいただいています。雪国ならではの暮らしや楽しみ方を、どう発信していくか模索中の30代の二人です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top