いっちょう発見

秋といえば、味覚の秋。
イチョウの木の下を通るとかぐわしい香りが。
木の下に落ちている実は銀杏。
このあたりでは “いっちょう” とか “いっちょ” とも呼び愛されています。
実の部分をきれいに落とすまでが大変ですが、手をかけるとごちそうになります(^^)
だんだんと紅葉がすすみ、イチョウの木も葉が落ちてきました。
よく見るとまだまだ木には実がついていて、まだまだ落ちてきそう!
何気ない落ち葉にも、深まる秋を感じます(^^)

軍司貴子

ABOUT THE AUTHOR

大和観光協会 軍司貴子・飯酒盃詩織
生まれも育ちも地元の、大和観光協会スタッフです。南魚沼市の中でもこの大和エリアは、上越新幹線の駅があり、浦佐-東京間が約90分。首都圏からのアクセス最高です!彩り豊かなこの地をご紹介していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top