渡辺保宣さん

この土地に出会って、ほとんど衝動買いをしてしまいました


渡辺保宣さん
2015年にIターン移住
埼玉→南魚沼


(プロフィール)
渡辺保宣(わたなべやすのぶ)。奈良県出身。田舎で土を弄っている生活をしたいと、山梨、長野、新潟、福島などの物件を探すうちに、南魚沼市内の築70年ほどの民家に出会い、移住。青森県出身の奥さんは現在、仕事で東京に行くことも多いそうですが、渡辺さんはほぼ南魚沼に居住しています。

近所の人にもとても良くしてもらっているので楽しく暮らしています

「東京の生活よりも、田舎で土を弄っている生活をしたい」という思いから関東近郊での移住先を探していた渡辺さん。その最中に出会ったのが、南魚沼の小さな集落にあった古い民家です。その土地に惹かれてすぐに移住を決め、地元で古民家の改築も手がける工務店に頼み、リノベーションを行いました。古い梁や柱、囲炉裏をいかし、薪ストーブや最新のシステムキッチン、桧の風呂を入れた快適な家になりました。春から秋は家を取り囲むような畑で野菜づくりに取り組む渡辺さんに南魚沼での生活を聞きました。


ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top