国際大学教授 信田智人さん
学生センター事務室長 信田グレチェンさん

いいところがいっぱいあって、住みたくない理由がない!

グレチェンさん  南魚沼に30年前に来た時は何にもなくて買い物も困ったけど、段々住みやすくなってます。

智人さん そう、ぼくらが初めて来た時は新幹線も開通して間もなくで、上野駅までしか繋がってなかった。イオンもなかったし。

グレチェンさん  いまはドラッグストアやスーパーも近くにできたし、基幹病院もできたし、素晴らしいです。

智人さん 買い物もそうですけど、食べるところも昔は本当に何もなかった。ピザを食べるのにわざわざ小千谷まで行ったりね。でも今はイタリアンでも美味しい店があるし、ほかにも美味しい店が増えているから。

グレチェンさん  それに自然がいっぱいで、緑が多くて。

智人さん 家の近くに大きな公園があるんですよ。東京ドーム3.5個分とかの広さの。

グレチェンさん  人が少なくて公園の散歩していて誰も会わない。犬と2人だけ。挨拶するのは鴨さんとかウサギ小屋のウサギさんとか(笑)。これはどこでもできることじゃとないですよ。

雪もたくさん降るけどそんなに困らない。

智人さん 昔はもっと雪も多かったし、雪の期間が長かったよね。北越雪譜(南魚沼の鈴木牧之が雪国の生活を書いた江戸時代のベストセラー)を見ると、一年のうち半年近くが雪に覆われているみたいに書かれているけど、いまはもうせいぜい3ヶ月くらいしか降らないから。今年は一度にどーっと降ったりしたけど、降る期間そのものは短かったですし。

最初に南魚沼に来たのは会社からの関係でしたけど、留学後に戻ってきたのは、“ここが良かった”から。東京には住もうと思わなかったですね。それから、僕の出身は京都なんですが、東京でサラリーマンをやっていたころお盆に帰ってみて「こんな暑いところに住んでいたのか!」って驚いた。新幹線のドアを開けたらどーっと熱気がきて。それくらい夏は暑いし、冬は寒いし。だから、京都に戻ろうという気もなかったです(笑)。

グレチェンさん  この辺も夏は暑いけど夜になると涼しいです。新潟とかに比べると雪が多いけど、その分、お米が美味しいですよね。お米もお酒もおいしいし八色すいか、八色椎茸もおいしいし、いいところがいっぱいあって、仕事があって生活できるなら住みたくない理由がない!

智人さん 春おいしいものと言えば、山菜もいいですよね。隣の魚沼市に手作りでハムやベーコンを作っている人がいて、これが美味しくて、フキノトウとベーコンの組み合わせなんてゴールデンコンビです。

グレチェンさん いま子供が大学に行って私はフリータイムになったから、何をやろうかなって思っています。テニスもやりたいし、打ちっ放しもあるからゴルフもやりたい。冬はスキーもやりたい。いろいろできるから。

智人さん 雪国は寒いから嫌だって人もいるかもしれないけど、それが大丈夫な人なら、住むのにはとてもいいところですよ。

グレチェンさん  いい冬があるといい春がある、いい夏がある、いい秋になる。中途半端は面白くないから、私は雪は降るなら降って欲しい! ちょっと春が短くなってしまってるけど、春はたくさん桜も咲いて楽しめる。

でも、あんまり良いところを広げてしまうと混んじゃうから言わない方がいい?(笑)


 

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top