雪室ツアーなどで休日を楽しめる「魚沼の里」

最新の雪室や飲食店が点在する地元酒蔵の施設「魚沼の里」

八海山の麓、里山風景の中にある施設

南魚沼を代表する名産品のひとつが、いわずと知れた日本酒。

お米もお水もおいしく冬の気温も低いこの土地は、お酒造りにも最適です。

市内には3軒の酒蔵がありますが、そのひとつが八海醸造。名峰「八海山」の名前を冠したお酒は、地元のみならず全国的にも人気です。そう、八海山というのはお酒の名前として知っている方も多いですが、南魚沼市内にある山の名前で、越後三山のひとつ。昔から霊峰として信仰されてきた山なのです。

そんな八海山の麓にある酒蔵が「魚沼の暮らしや雪国の文化を通じて“郷愁とやすらぎ”を感じていただきたい」と作ったのが「魚沼の里」です。

広い田園風景の中には、酒蔵や研究等、焼酎蔵などとともに、そば屋や食堂、菓子処、ショップなどが点在しています。

中でも一度は見てもらいたいのが「八海山雪室」。

南魚沼市は世界有数の豪雪地帯にあり、冬は2メートルから3メートルの雪に一面が覆われます。縄文時代からこの土地に暮らしてきた先祖は、雪を上手に活用もしてきました。

冬に降った雪を溶けにくいように保存し、春から夏に使う「雪室」もその知恵のひとつです。

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top