雪室ツアーなどで休日を楽しめる「魚沼の里」

移築古民家での蕎麦や、一般利用ができる社員食堂、喫茶スペースなども

魚沼の里の中には、雪室以外にも楽しみはたくさん。旧家を移築再生した風情ある建物の「そば屋 長森」、山菜や地の野菜などを使った料理が楽しめる「城内食堂 武火文火(ぶかぶんか)」、八海山の社員食堂の一部を一般の人も利用できるようにした「みんなの社員食堂」といった飲食店や、手作りのバームクーヘンをはじめ、日本酒や酒粕を利用したお菓子を製造販売していて喫茶スペースもある「菓子処 さとや」など、食事や休憩のスペースが充実。

また、「雪室千年こうじや」の他にも、キッチン雑貨の店「okatte」や、お酒などのギフトを贈る際のラッピングなどを選べる「つつみや八蔵」、園内の農園や地元の食材、酒蔵ならではの素材を使ったパンが買える「さとやベーカリー」、世界の酒と食に関する資料3,000冊ほどが並ぶ「八蔵資料館」なども。

自然にあふれた園内には、魚沼の野の花をメインにしたナチュラルガーデンと野菜や果物を育てるキッチンファーム、蕎麦畑などもあり、食事をして散策をしてと、のんびり時間をかけて楽しめる施設になっています。

【魚沼の里】
http://www.uonuma-no-sato.jp

営業時間 10:00~17:00
そば屋 長森/月~金曜・祝日:11:00~15:00、土曜・日曜:11:00~19:00
(ただし、そばがなくなり次第終了)
城内食堂 武火文火/ 11:00~15:00
八海山 みんなの社員食堂/11:00~15:00(限定数に達し次第終了)
さとや喫茶 /10:00~17:00
定休 元日のみ
アクセス 関越自動車道六日町インターから車で約20分
JR上越線五日町駅からタクシーで約10分

ABOUT THE AUTHOR

Live from Minami-uonumaLMU編集部
東京から南魚沼市に移住したスタッフ3人で作っています。
東京時代は仕事ばかりで、昼も夜もわからぬ毎日を過ごしていましたが、南魚沼市に引っ越して生活が一変。
直売所で買った野菜で料理をし、温泉に通 い、休日は山に登ったり、スキーをしたり。
豊かな場所で暮らすだけで、心も生活も豊かになって、良い仕事ができるようになる……ような気がする今日この頃です
(移住12年めの素直な感想で す)。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top